初めて遊ぶとき | 風俗をとことん遊び倒すために知るべきこと

初めて遊ぶとき

黒い服の女性

多くの男性が経験したことのある、風俗で遊ぶこと。これは、ある一定の年齢になると様々なきっかけで発生するイベントであるといえます。
そしてそれは、多くの場合先輩に連れられて体験したり、同期の仲間に連れられて体験したり、というケースが多いでしょう。
いきなり一人でデビューする場合もありますが、人に連れられてデビューするケースのほうが多いと考えられます。
なぜならば、一人でいきなり風俗に挑戦することはそれなりに勇気が必要なことだからです。
お店の自動ドアをくぐる瞬間、お店に電話をかける瞬間、いずれの場合も周りを必要以上に気にしてしまったりした経験は、風俗慣れした男性も皆通過してきた道です。
だからこそ、風俗に一人でデビューするときや初めて遊ぶときに知っておきたいことはたくさんあります。
それを知っているかどうかで、緊張感は大きく変わるでしょう。知っているのと知らないのとでは、全く事情が変わってきます。

風俗で遊ぶにあたって、大切なのは心の余裕です。心に余裕があれば、緊張しても難なくデビュー戦をクリアできるでしょう。
そのため、心技体の観点から余裕の根拠を用意しておくのが良いです。
まず、心の面では初めてなのだから、わからなくてあたりまえだと割り切ると良いです。格好を付けたい気持ちが生まれる中で、潔く初めてだと明かすほうがよほど格好がつきます。
格好をつけて余裕が無い状態でいることよりも、潔く全てをキャストの女性に委ねるほうが良い時間を過ごすことにつながるでしょう。
わからないことは素直に聞く、社会的に当たり前なことが風俗のプレイの現場でも通用します。
そして、技という意味ではアダルトビデオの影響を受けすぎないことが大切です。
アダルトビデオは男性が興奮できるように作りこまれた世界観であり、オナニーには良いですがパートナーが居る状況には適しません。
無茶な攻め方をしたりしないように、女性のことを気遣っていけるテクニックの余裕を持つことが大切です。
痛いと思わせるのではなく、優しいと思わせることが重要です。
さらに、体という観点から考えるならば金銭的余裕も重要です。
基本料金が払えるギリギリのお金を用意するよりは、もう一回り余分に予算を考えておくほうが良いです。
楽しくて延長したくなった場合や、オプションを追加したくなった時などに追加料金が発生する可能性が生まれるからです。
基本的には公表されている料金だけで遊べるのが風俗ですが、ある程度金銭的な余裕が有るほうが心の余裕も生まれます。
そういったポイントを抑えることによって、風俗のデビュー戦は楽しくなる可能性がグッと高まるでしょう。